ダイニング

雪ニセコはこの新しいランドマークで北海道ならではの食の魅力にあふれた一連のレストランとともに、ニセコのダイニングシーンを一変させようとしています。雪ニセコの食に対する情熱を体現する一流のシェフ、ソムリエ、そしてバリスタたち。1つの屋根の下に6つのコンセプトの異なるレストランとバーが集まり、北の海と大地が育む滋味溢れる四季折々の旬の味覚をお楽しみいただけます。

お客様の健康は雪ニセコの最優先事項です。安心安全にお食事をお楽しみいただけるよう全店で厳しい衛生管理を徹底してまいります。

méli mélo -Yuki No Koe-

méli mélo -Yuki No Koe-は北海道出身でミシュランの星に輝く佐藤大典シェフと、北海道をベースにした札幌の自家焙煎コーヒースタンド「Baristart Coffee」をプロデュースした石井雅也の刺激的な美食のコラボレーションです。

最高級の道産の食材

méli méloでは、北海道の最も優れた生産者たちから食材を仕入れています。乳製品から精肉、野菜まで、それぞれの食材がどのような自然環境の中で育まれてきたのかを、私たち自身の目で見て確かめることができるため、méli méloでは地元の生産者と直接繋がるこの協力関係をとても大切にしています。乳製品には、北海道内でもその甘みのあるクリーミーでリッチな味わいが高い評価を得ている、ブラウンジャージー牛から絞った美瑛産のジャージー牛乳が使用されています。お米は「つきがたFARM」、野菜は「はるきちオーガニックファーム」、そして鮮やかな緑色と滑らかな舌触りをもつアスパラガスは「うちやま農園」と、道内各地から最高の食材を厳選しています。

朝食から夜までご利用いただけるméli méloでは、食欲をそそる幅広い和・洋のコンフォートフードをご用意しています。そして、ディナーはアラカルト、または道産の海の幸や牛肉をはじめとした厳選された旬の食材を味わうコースメニューからお選びください。

AFURI

食の都、東京で数々の食通に愛されるAFURI(阿夫利)は、スタイリッシュなインテリアと心地よい音楽、そしてこだわりの自家製麺で話題を集めています。健康志向で洗練された世代に向けて、このAFURIの柚子塩らーめんが北海道でもお楽しみいただけるようになりました。羊蹄山の素晴らしい眺めを楽しみながら食事が出来るこのお店は、爽快なアクティビティの前後にエネルギー補給とリラックスするのにぴったりの場所です。

提供されるらーめんは、まさに正統派淡麗系の一杯。使用するすべての食材の持つ「ちから」を最大限に引き出し、素材本来の旨味や香りを表現しています。ご提供直前に炙って仕上げる炙りチャーシューや、湯気立つ熱々のスープから立ち上る爽やかな柚子の香気をお楽しみください。

毎日手作りされる麺

店内で毎日仕込まれるAFURI特製の自家製麺。店内の一角に設けられたガラス張りの製麺室では、AFURIの麺職人による製麺工程がご覧いただけます。熟練した職人の美しい手さばきに、お子様から大人まできっと目を奪われることでしょう。

蟹鮨 加藤 INORI

-2022/2023年冬季よりオープン-

とれたての海の幸

経験豊かな海の食材のプロフェッショナルとして多くの尊敬を集める加藤水産三代目の加藤敏明が率いる 蟹鮨 加藤 は、北の海から獲れたカニやウニといった新鮮な極上の海の幸を味わう究極の体験をお約束します。加藤水産は50年以上にわたる経験豊かな蟹問屋で札幌と千歳空港のカニ市場やレストランで高い評価を受けています。その「おもてなし」と「本物の味」を、海の恵みを味わい尽くす美食の旅を通してお楽しみください。 

もっと見る

天ぷら あら木

-2022/2023年冬季よりオープン-

おまかせの伝統

雪ニセコにはミシュランの星も獲得した札幌の名店、 “天ぷら あら木” の新しい姉妹店があります。ミシュランも認めた荒木啓至シェフの細やかな心配りの行き届いたこの隠れ家のようなレストランでは、おまかせでいただく北海道最高の天ぷらが待っています。9席の美しい天然木のカウンターと6席の小さな個室で職人が鮮やかな手つきで目の前で揚げてくれる天ぷら あら木でのお食事は、至福の体験をお約束します。

もっと見る

ルークズ・オイスターバー&チョップハウス

古き良き時代のクラシックなヨーロッパのレストランと米国東海岸の調理スタイルに触発され、ボストン育ちのオーナーシェフ、トラヴィス・マシエロが、長く愛されてきた食の文化に新しい視点をもたらします。

時代を超えて愛され続けるもの

店名の “chop house(チョップハウス)” は、ヨーロッパのクラシックなチョップハウスと、産地や食肉に加工するまでの過程にもこだわるプライムステーキやチョップ(骨付きのロース肉)の専門店であることに由来します。トラヴィス シェフはこのコンセプトをさらに広げ、北米東海岸と北海道沿岸でとれる極上の海の幸と一緒に、彼の持続可能な食材の調達への取り組みに共感する世界各地のすばらしい牧場主や農家から届く厳選された食材の数々を皆様に味わっていただきたいと考えています。

自身が育ったボストンの町からインスピレーションを受け、トラヴィス シェフと彼のチームは、美食家たちから絶賛されたシンガポールの "Luke's Oyster Bar & Chop House(ルークズ・オイスターバー&チョップハウス)" で、アメリカで古くから愛されてきた食文化に新しい風を吹き込みました。10年以上にわたり、彼らの温かく心のこもったサービスは、モダンで洗練された店内でお気に入りの丸々とした大粒の牡蠣と非の打ち所のない焼き加減のステーキに舌鼓を打つ常連のお客様達を魅了してきました。神は細部に宿ると言いますが、Luke's(ルークズ)ではいつでも細やかな心遣いを忘れない最高のチームが、美味しいお食事と温かく洗練されたおもてなしで心満たされる時間をお約束します。  

シェフ自身が選んだアルティザン・ワインのコレクション

“アルティザン(artisan)” とは職人のこと。どんな食事にも欠かせないと思うからこそ、 Luke's のワインとお飲み物のセレクションは、真摯にワインと向き合うすばらしい生産者達の中からシェフ自身が選んだ、料理の風味を引き立て調和する、世界各地の最高のワインを集めた個性溢れるアッサンブラージュになっています。シャブリ、サンセールや、若々しく力強いミュスカデといった、シーフードによく合う定番を多く集めた白ワイン。それぞれのワインを育んだ土地やテロワールを感じさせてくれる赤ワインは、不動の人気です。ブルゴーニュ、ロレーヌからオレゴンまで。伝統的なボルドー品種を使ったワインに、そうした伝統に挑戦するような、力強い風味を前面に押し出したアメリカやオーストラリア産の革新的なニューワールドのワインなど、豪快な骨付きロース肉によく合うワインが揃っています。赤白どちらを選んだとしても、それは Luke’s のチームがあなたのために厳選したとっておきの1本なのです。

-2023/2024年冬季よりオープン-

ラウンジバー・Park90

ワインの愛好家からエキスパート、そしてワインの世界に足を踏み入れたばかりの方まで、オーダーメイドのワイン体験をお楽しみください。世界各地のパートナーやシャトーから特別に厳選されたPark90(パーク・ナインティ―)の幅広いワインセレクションで、あなたの情熱を満たす上質なワインを心ゆくまでご堪能ください。伝統的なヨーロッパの産地からニューワールドのワインまで、Park90のソムリエが忘れられない発見の旅へとあなたをお連れします。ゲレンデの先に広がる昔ながらの山での体験が与えてくれる、時代を超越したラグジュアリーとロマンを再現するPark90では、お気に入りの一杯を片手にゆったりと腰を下ろし、その日一日の想い出を語るのに最もふさわしい場所が待っています。

営業時間: 16:00 - 23:00 (ラストオーダー: 22:30)
営業日: 金曜日~水曜日 (休業日: 12月9日、15日、22日)

ウォークイン可(事前のご予約をご希望の場合は、こちらからご予約下さい)